img_02

遺産相談するなら専門家を通す

遺産相談は初めての経験者が多い項目であり、お金に関してはトラブルになりやすい面があるので、専門家に頼るのが一番の近道です。遺産相談は弁護士と決めるものではなく、遺産相続人が全員集まってどうするかを決めるものなので、満場一致でない限りなかなか進まない事も多くなっています。



そのため、予め専門家を呼んでおいて場を丸く収めるのも一つの手段となっています。

遺産の分割が決まらない時には家庭裁判所に申し立てを行う事が可能なので、協議が長引きそうな時には家庭裁判所を頼るのも良い方法です。

しかし、その際には必ず専門家が立ち会う事になるので、相続の方法がピンと来ない時には早めの遺産相談が大事です。

遺産は通常の場合には長男など一番の年上が多く取る様にイメージされますが、一度分割しておいて、後から納得の行かない分(分ける予定の分)を他の人に払うと言うやり方もあります。


この時には一時的に分割をすると言う方法を取るので、相談をする必要がないパターンにもなります。
しかし、親族とは言え、お金の問題は基本的に専門家に相談するのが得策となっており、遺産相談する上で疑問点も必ず出て来ます。


その様な事になって時間が掛かってしまう前に遺産問題の専門家に相談しておくのが大事です。

法律の専門的知識がないと相続の問題を解決するのは難しいので、素人同士で話し合っても意見がまとまりません。そのため、遺産相談をする時には予め、専門家を呼ぶのが大事となっています。


遺産相続の問題はいつ発生するか分からないものです。
親が健在なうちから相続者内である程度話し合いが行われていればよいかもしれませんが、資産がどの程度あるかは親が亡くなった時に初めて知る方が多いのが現状です。
遺産分割は配偶者、子供でそれぞれ2分の1と決められています。子供が複数いる場合は2分の1を子供の人数で割る事になります。

民法ではこう決められていますが遺言状があった場合は遺言状に従って遺産分割が進められます。遺産相談として生前に遺言状を書いておきたい、一人の人に相続させたい、どの位相続できるのか等様々な相談内容があります。無料で相談を受け付けてくれるところもあり、法律について詳しく教えて貰うことができます。

相談方法も、メール、電話、面談の中から選ぶことができ、じっくり考えて相談内容を纏めてから挑む事ができます。

税理士、弁護士、司法書士にはそれぞれ役割があります。

どんな内容の遺産相談を持ちかけるかによって、どの専門家に相談すべきかが決まります。

税理士は相続税の申告が発生した場合に依頼します。


相続財産が3600万円以上ある場合のみ相続税の申告が必要となります。

弁護士に遺産相談する場合は調停や裁判など裁判所での手続きが必要となった場合です。

司法書士は不動産の名義変更時に依頼することになり、相続が発生すると約50パーセントの人が手続きを行います。

相続税の心配のない、親族間で遺産の争いがない方は司法書士に頼めば遺産相続を終えることができます。


遺産相続の際は専門的な知識も必要なので司法書士などに遺産相談をする人が多いです。

しかしまったく何も知らない状態で遺産相談に行っても専門家の説明が理解しきれないこともあります。

そうならないために相続の基本を簡単に説明します。
亡くなった人から取得した財産の合計が基礎控除額を超える場合に相続税が発生します。

税金のかかるものは、不動産、金融資産、みなし相続財産、金額に見積もり可能な権利です。

不動産とは土地や建物のことを言います。
金融資産とは、現金や預貯金、有価証券のことを言います。

みなし相続財産とは、死亡保険金や死亡退職金のことです。

逆に非課税のものは墓所や仏壇、国や公益財団に寄付した財産、生命保険や死亡退職金の一部となっています。
相続税の基礎控除額は法定相続人の人数によって変わってきます。

配偶者と子供1人の場合は7000万円、配偶者と子供2人の場合は8000万円、配偶者と子供3人の場合は9000万円、子供3人だけの場合は8000万円となります。また夫婦の財産は二人の協力で築かれたという考えに基づき、残された配偶者の負担を軽減するたの制度である配偶者控除が存在します。

配偶者が手に入れる財産が1億6000万円を超えない場合は税金の負担がありません。
今回は税金についての説明でしたが他にも相続の種類や流れなどの基本的な知識を身につけておくと遺産相談の際に専門家の説明がしっかりと理解できスムーズに進めていけるはずです。

遺産相談を必要としている方が存在しています。


具体的な例としては、親がお亡くなりになった際に、その遺産を分割することが求められることになります。

相続可能な遺産の種類や状態、そして相続を行う対象者によってはトラブルに発展してしまうこともあり得ます。

しかし、遺産相談を弁護士などに依頼を行う方法によって、トラブルを未然に回避することができ、全ての方々が納得できる相続を済ませることが可能になります。

例えば現金のみが財産に該当する方の場合では、比較的大きな問題にならずに解決することができ、基本的な概要としては配偶者に2分の1、そして残る2分の1を子供の人数で割る方法になります。



ところが、中には不動産や自動車、価値のある動産などを所有している方のケースでは簡単に分割できない内容を持っていることも多々あります。


この点に関しては家族で話し合いを進めることが基本になりますが、弁護士等に依頼をした場合では、最適な方法で分割を進めることもできます。
不動産の場合では売却を行って、得ることのできた収益を分配する方法もありますが、お亡くなりになった親と同居していた子供などが存在している場合では、トラブルの原因になる場合が見られます。

本当に役に立つ遺産相続情報があれば全てが解決します。

この場面では、不動産の持っている価値を算出した上で、分配方法を見つける方法もあり、住宅を残した状態でも遺産相続を済ませることは可能です。
未成年者が相続人として存在しているようなケースでは、特別代理人を用意する方法もあり、家庭裁判所と弁護士の両方を利用する方法によって、遺産相談を円滑に済ませることに成功できます。

急に身内が亡くなったりすると、遺産に関する問題事がしばしば起こります。
早めに解決したいなら、遺産相談に定評がある弁護士に依頼することが大切です。
その理由は、問題を長引かせると、親族間に深い溝ができるケースが多々あるからです。

そのような事態を防ぐたいならば、早めに信頼できる弁護士を探して、遺産相談を依頼しましょう。

まずは、弁護士事務所について調べることが大切です。

最も参考になるのは、実際に遺産相談を行った方々による口コミサイトです。
弁護士の対応はもちろん、謝礼の金額について納得できるかどうかも確かめられますので、とても有意義です。


さらに、口コミサイトには弁護士事務所のプロフィールや所在地を記したホームページも紹介されています。そのために、口コミで評判が高かった弁護士事務所のホームページをすぐに閲覧することができるというメリットがあります。

また、遺産相談のキーワードで検索すれば、同じ悩みを解決してもらった経験談を読むことが可能です。

口コミサイトは有効に活用しましょう。

見積もりは無料ですから、安心して申し込むことができます。

弁護士事務所のホームページにはメールフォームが記載されていますので、必要事項を記入すればすぐに送信することが可能です。


メールフォームから問い合わせれば、確実に返信を受け取ることができますから、とても重宝されています。
遺産相談をすることによって自身や家族が行わなくてはいけない面倒な手続きを全て任せることができます。


遺産相談に関するトラブルは毎年のように発生します。なぜ頻繁に遺産トラブルが生じてしまうのかというと、財産を持ったまま亡くなった人の意図がわからないときがあるからです。

基本的に、民法には法定割合によって遺産を分割することができるように規定が設けられているのですが、この規定のような想定だけで相続が行われるとは限りません。亡くなった人が遺書を残していたり、誰に知らせることもなく生前に贈与を繰り返していたことがわかることもあります。

亡くなった後の被相続人の遺産は基本的には遺された家族のものになるので、この点に関して大きなトラブルが生じることになるのです。実際に、こうした遺産のトラブルは法的な専門知識を持っていない人からすればかなり複雑な問題になります。


当人同士の話し合いだけでも複雑になりますが、それに加えて税金問題も絡んできます。
実は、遺産の中には相続税として支払わなくてはいけないものとそうではないものが含まれているので全て一緒に計算してしまうと間違った申告になってしまうのです。相続税に関しては多くの控除規定もあるので、それを利用しないと多く申告をしてしまうことになり後々でまた面倒なことに巻き込まれます。

こうした問題点を避けるためにも、財産を所有したまま亡くなった人がいた早い段階で遺産相談をしておくことが大事です。

「遺産相談」というと、お金持ちがするものという印象がありますが、ごくごく一般的な家庭でも遺産で揉めることは多く中には「子どもの配偶者は遺産相続権がない」ということを知らずに、お子さんの配偶者が遺産相続に口を挟んで、揉め事が大きくなることもあります。

特に複雑な家庭環境であったり、介護や事前の財産分与等で遺産を不均等に分ける場合は正式な遺言状があっても異議が出ることは多々あることで、遺産相続で揉める可能性が高いと思われるなら事前に遺産相談を通して、弁護士のような第三者の専門家を介入させておいた方が良い場合があります。


第三者の専門家を介入させておくことで、不満のある遺族の不満を抑えつつ遺産を相続を進めるだけでなく、遺産に伴う相続税の発生とその対策、財産をなるべく遺したくない遺族のための遺産の留保分も考慮した手続きや遺産を不均等に分割する場合や家族以外に贈与する場合の手続きについてもスムーズに行うことが可能です。また中には借金のような、相続放棄をする方がが遺族のためになる財産というのも少なからずあります。そのような財産を明確にして、ご自身の死後に遺族を納得させなければならない場合もありますが、その説得を別の親族がすることでその親族と遺族との無用な軋轢を発生させることもあります。
お金が関わると人が変わる場合もあります。相続で親族が争う姿は故人の名誉を傷つける場合もあります。

そのようなことを防ぐためにも親族間で無用な誤解を発生させないためにも事前の遺産相談で対策をしておくことをお勧めします父親が他界し、更には母親までもが他界した場合、遺産相続問題が勃発し、専門家へ遺産相談をされる方が多くいらっしゃいます。

遺産相談と聞くと、高額の相続財産が残されている様な、一部の富裕層の家庭の中だけの話であり、一般的な家庭においては無縁である話であると思われがちです。しかし、実際にはその一般家庭においての相続問題について、遺産相談をされに来る方が多くいらっしゃるといった実情があります。


例を挙げると、相続財産が5000万円を超える場合の家庭では、相続におけるトラブルは横ばい傾向であると言える一方で、相続財産が5000万円以下の家庭の場合には、そのトラブルは年々増加傾向であるといった報告もされています。


これには理由があり、一般的に富裕層などの財産が多い家庭の場合には、事前に専門家などに依頼をし、相続トラブルに対し対策をしている事を始め、そもそもの相続財産が多い為、分割するにもある程度の融通が利くといった点がトラブル回避に繋がっていると言えます。
これに対し、一般家庭では、そもそもトラブルに発展するという考え自体が希薄である為に事前に専門家に相談する、といった考え自体がなく、更には相続財産が少額である為、どの様に分割するのかについてトラブルに発展するケースが相次いでいると言えます。
基本的には法定相続分に基づいて、残された相続人の間で分割をする事が一番シンプルであると言えますが、実際にはこの法定相続分に分割する事自体が難しいケースが多々あります。

例えば、相続財産が両親の自宅のみであった場合、更にそこに残された相続人に該当する人が住んでいる場合などは、そこを売却したお金で分割する事も出来ない為、問題が生じると言えます。

この様な場合には、生前の両親の世話を誰が率先して行っていたかや、墓の維持を受け持つなどといった相続人に有利な分割方法を提示する事により、円滑な分割が行われると言えます。

これまで遺産相続による見にくい争いはテレビのドラマだけのことと考えていたり、資産家ではないから大丈夫だと何も行動を起こしていなかった人は、考えを改める必要があります。
相続に関するトラブルは一般的な家庭で発生することが多く、財産が多いかどうかに限らずに起きています。

それは遺産相談を家族とせずに準備不足が主な原因で、これまで深く考えてこなかった人は誰もが同じような経験をする可能性があります。

遺書が無い場合には、法律に定められたとおりのパーセンテージで分割すれば問題ないと考える人も多いですが、受け取る権利のある親族が多い場合、スムーズに進めていくのは難しいです。