保湿力が弱まり起きる地肌乾燥はケアと栄養摂取で対策

地肌乾燥が起きるのは、肌表面を保護する役割を持っている皮脂が少なくなることで、水分が蒸発しやすくなっているからです。保湿力が劣っている状態は、肌のきめが粗くなりカサカサし、刺激に弱くすぐに赤くなったりかゆみや痛みが伴うようになってくるので分かります。

顔や体は化粧水や保湿クリームなどを活用してケアを行う人が多いですが、おろそかにされやすい地肌乾燥は頭皮です。

シャンプーやリンス、コンディショナーなどを使っていれば大丈夫だと考える人が割と多くいますが、頭皮にかゆみを覚えたり、フケが収まらない人もいるでしょう。

これは、皮脂が奪われすぎている証拠です。

地肌乾燥の情報をご説明します。

頭皮の皮脂がなくなりすぎる原因は、肌に合っていないシャンプーを使っていたり、洗いすぎや洗い方が悪い場合に多くなっています。

YOMIURI ONLINE全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

シャンプーの成分などを確認しながら、1日に何度も洗いすぎないようにしなければなりません。かゆいのは汚れが原因では無く、洗いすぎによる地肌乾燥の可能性が高いわけですから、慎重な対応が必要です。頭皮にも潤いを与えるため保湿を行うのが適切で、シャンプーできれいに洗った後は肌と同様に対策をとるべきです。肌質を良くするためには、ケアのほかにも肌再生に必要となる栄養成分を体に取り入れることを意識して、肌のターンオーバーが適切に働くように心がけましょう。


とくにビタミンCやビタミンB群は不足しないように注意して、細胞間脂質や角質層の水分をたくさん抱え込んでくれる、天然保湿因子が生み出される状態にキープすることが肝心です。